趣味に生きるミニマリストの日々

【光を継ぐ者】2020年7月スタート攻略ブログ(3)純☆4サーバントは使える?育てるメリットはあるのか?

 
純☆4サーバントは使える?
この記事を書いている人 - WRITER -
モノにあふれた生活を送っていたが、30代後半に一念発起して断捨離本やミニマスト本の影響も受けつつ、大規模な断捨離を決行。俗に言うミニマリストになる。

今回も光を継ぐ者の記事を書いていきたいと思います。

 

リセマラは必要かという記事で比較的☆5サーバントの入手はしやすくなっているということは書きましたが、☆4サーバントの存在意義はどうなんだろう?というのが気になるところ。

 

実際のところ使えるのか?育てる意味はあるのか?

結論から言うと、個人的には☆4サーバントに関しても育てる意味やメリットはある!

と考えております。

 

その理由について以下に書いていきたいと思いますので良かったら参考にしてください。




超越や覚醒がしやすく育成ポイントを上げやすい

☆4サーバントの超越は☆5サーバントに比べて

必要な石片が1/10、必要なギラン(お金)が1/2ととにかく育成がしやすいです。

覚醒に必要な元素は1/3くらいでしょうか?元素の大きさによって倍率がちがうので画像を貼っておきます(笑)

☆4サーバント必要元素

☆5サーバント必要元素

 

超越が進むに連れ石片の数も増えていくので☆4サーバントですら8次超越くらいから結構な時間を要するので☆5サーバントなら尚更です。

神殿区域に行くと育成ポイントが一体でも敵より低いと一気に強さが増すので(段階はあるようですが)、育成ポイントを上げやすい☆4サーバントはそういう意味で有用だと思います。

 

MAP攻略や装備の迷図などで主力として使える

手持ちで育成が一番進んでいるのが元マスターのサーバントのサイアードさんです。

サイアード5覚醒9超越

彼は現在5次覚醒の9次超越済み。

潜在能力は一つ開放しておりLEVELはMAX20まで強化しています。

成長ポイントは49255。

成長率は49.2%。

ステータスは画像を参照ください。

サイアード5覚醒9超越ステ

 

※画像は課金して購入したアバターを着用していますがステータスには影響はないです。

 

彼がいることで現在装備の迷図はオーメン、ハイデともに12階をクリアできています。

11階からペンダントとリングがドロップしますが11階ならここまで育成がしていなくてもクリアできたと記憶しています。

 

神殿区域は火水森で8、光闇で6まで進んでいる感じです。

他のサーバントの育成ポイントが低いが原因なので育成を頑張らねばです。

 

サイアードさん自身もまだまだ育成半ばなのでもっと強くなるということです。

 

☆5サーバントにないような優秀なスキルを持ったサーバントがいる




例えばマリ(光)などは防御力比例の回復およびシールドを張れます。

体力比例のシールドと重複ができるようなので耐久パーティなどでは生きるのではないでしょうか?

マリ(光)

 

彼女などは最たる例ですが、こういう特殊なサーバントが☆4にはいたりするので探してみるのも面白いかと思います。

 

☆5サーバントに及ばない点

☆4サーバントなのでどうしても及ばない点はあります。

ステータス

1つ目はステータスです。

同じ攻撃タイプの5次覚醒ダミアンとホプキンスを比べてみます。

 

体力で661。

攻撃力で100。

防御力で32.

☆5サーバントのダミアンの方が勝っています。

 

一見すると大した違いに見えないようにも感じますが装備や超越などの伸び率がスゴイので最終的な格差は相当なものになると予想できます。

ダミアン(火)

ホプキンス(火)

 

潜在開放などの伸び代

2つ目は潜在能力を開放できるスロットが☆5に比べると少ないので伸び代でも負けます。

☆4サーバントは下段の潜在能力スロットがないです。

☆4潜在スロット数

☆5潜在スロット数

 

まとめ

☆4サーバントは使えるか?という今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

結構使えるというのはわかっていただけたとは思いますが、最終的には☆5サーバントには及びません(特に攻撃タイプは)。

☆4サーバントに各種素材を割いている余裕はないという方はコツコツと☆5サーバントを気長に育成していった方がコスト的には抑えられるとは思います。

早くマップ攻略をしたい、良い装備を集めたいという方には☆4サーバント育成も良い選択なのではないかと思った次第です。

僕自身プレーがまだ1ヶ月ほどでいたらない点もあると思います少しでも参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。




この記事を書いている人 - WRITER -
モノにあふれた生活を送っていたが、30代後半に一念発起して断捨離本やミニマスト本の影響も受けつつ、大規模な断捨離を決行。俗に言うミニマリストになる。

Copyright© 寝て起きてミニマリズム。 , 2020 All Rights Reserved.